店長日記

いつまでも光り輝くためにセックスをする

「男のオー☆ズムは猿と同じようなもので、太古からほとんど進化していない。ピストンを繰り返して射精すれば、じゅうぶん満足する。
女性のオーガ☆ムはいまもなお進化の最中にある。
しかも個人差が激しく男のように一様ではない
中国の房中養生の書が男の”吸”を重視し説いているのも、男は本来女に敵わないからだ」
道教の房中術 より
世界のはじまりは混沌(カオス)。その中に光と影が生まれ【陰陽】となりました。
人が誕生し男性(陽)と女性(陰)の両極が在るのが今の世界です。
長い間女性の肉体や人権が虐げられてきた時代があります。
特に中国は有史(文字を残す文化ががじまった時期)以来の【超絶男尊女卑】の時代。
まだ、
見えるもの
見えざらぬもの
の境界線があいまいな時代。
実は
男性は女性の【生み出す力】を知っていました。
心のどこかでは【女性の氣の力】には勝てない。と思っていたのです。
ある皇帝は女性の仙人に聞きます
「わたしは最近、気力が衰えてどうも調子が悪く、全然楽しくない。いつも身体の事が心配でならない。こんな場合はどうしたらいいのか?」
女仙は答えます
「たいていの人が身体を損なう原因は、みな正しいセックスをしていないからです。
と、申しますのは
そもそも女性の方が男性より精力旺盛なんです。水(女性)が火(男性)を消すように身体を損ねてしまします。よくよく注意なさいますよう」
医心方 至理 第一
と女性のエネルギーは無限大
お腹の中でとつきとおか。
細胞を増やし、新しい魂をも注ぎ子供を生み出す事のできる女性の身体。
エネルギーは満ち溢れていますね。
そんな女性の力をセッ☆スでいただき健康長寿になる為の房中術
使っていたのは健康に長生きをして権力を保持したい男性の皇帝様
女性が力や権力で男性に勝つのは難しい。
共に生きていくには。戦うのではなく、エネルギーを分け与える。
女性の性エネルギーは生み出せるほどに無限大なのですから。
そのかわり、陽氣をもらった女性はイキイキとした艶肌、色香香る美しい女性に。
身体の中から美しさを放っている女性は
ストレスフリーや健美食だけでなく。セックスから生まれた陽氣で身体が満ちているから。
男性はその力を押さえつけるのではなく
肉体的に弱い女性を守る力に使ってくれるととても嬉しいです。

コメントする

名前

URL

コメント


陰陽のナプキンカバーのお話
リボン足袋の秘密
湯んどしとは?

店長日記

黒ゆき堂

こんにちは。【黒ゆき堂】主の黒ゆきです。
気になるお品はございましたか?

始まりは10年前。子どもの布おむつを干すのが大好きでした。
規則正しく並んだたこ足ハンガーいっぱいに白い布。
今思えば、ここから布生活が始まったように思います。

新しい布おむつを当てる我が子が、とっても気持ちよさそうな顔をしていたのを思い出します。

それから、二人目。三人目。と子供にも恵まれ。
忙しい中でも、気になる【布生活】

妊婦と産後を繰り返していたので、当時は月経期自体は少ないです。
三人目が乳離れしたタイミングで【布ナプキン】生活を始めることにしました。

最初は、ね。
全く上手くいきません。

吸収力はケミカルナプキンに比べて弱く、
”子宮内膜症”
の持病も相まって、経血量が多く、着る物を汚してしまうこともあり。

何度も挫折しそうになりました。



でも、2,3か月続けていくと。。。


夜の出血がピタッと止まりました!!

私以前まで世界地図を作ってしまうほど夜の量が多く。
ナイト用は必須。あわよくばおむつタイプに手を出そうとしてたところでした。

”副交感神経優位の状態では経血は出ない”

身体が少しずつ変化を始めました。

そして、【経血コントロール】の文言も気になりだし。

・夜は出ない。
・若いからと言って経血量が多いのは間違い
・着物生活をしてた時代、月経期は綿花一つで事足りてた
・トイレで尿を出す感覚と同様に経血を排出する


この、【経血コントロール】がすこしずつできてきた時。
”ブルーディ”だと思っていた、月経期が
”ゲームをするように経血をコントロールするおもろい日常”
に変わっていきました。

着物生活を始めたのもこのあたりです。
毎日着物を着続けたらどんな身体になるんだろう。。。

結果は、デメリットよりもメリットの方が断然多いことが分かりました。

根っからのメンドクサガリ。
そんな、黒ゆきが
洗濯にめんどくさそうな【布ナプキン】や
着るのに時間がかかりそうな【毎日着物生活】を続けれるのは
全て、ゲーム感覚で愉しむ事ができるようになったからだと思います。。

でも、この【メンドクサガリ】とっても大切で。
”布ナプキンは良いことがある”を分かっていても、
毎日の家事育児。洗濯時間を少しでも短くしたい。

そんな時に生まれたのが
【陰陽のナプキンカバー®】でした。

たっぷり経血はケミカルナプキンへ
肌の接地面は布ナプキンで。

ナプキンカバーが吸収している経血量は布ナプキンより少量なので、
洗濯時間も短くなり。
通気性の良いダブルガーゼの布地は、
冬場の乾きにくいお天気でも、どんな洗濯ものよりいち早く乾いてくれる優れものになりました。

それまで布ナプキンを使っていた私は、簡易さと。心地よさで
”ナプキンカバー”しか使わなくなりました。



あ。メンドクサガリも才能だな。。。と^^

なかなか【布ナプキン生活】を始めれない方や
外出先でも布ナプキンを使いたい淑女様にお喜びの声も沢山頂戴しております。

貴女の幸福な毎日にお役立ていただけたら幸いです♡

店長日記はこちら >>

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ