sexで健康になる

閉経後の身体の変化

閉経後、女性ホルモンは減ってくる

【女性ホルモンとは】
卵胞ホルモン…卵子もう、作らないし
黄体ホルモン…排卵ないから卵胞が黄体に変化することもない



性欲=女性ホルモン...ではありません

性欲=男性ホルモンです
男性ホルモンのテストステロンは副腎産生(腎氣)なので、子宮とか卵巣とか
あまりカンケイありません。


女性は齢を重ねると性欲が落ちてくる。
とは、社会的な思い込みで。
「年取ってきたら性欲無くなるよねー」
「・・・そうか、性欲無くなるのか」
「無くなるもんなんだ...」


思い込みです

なぜなら、と解説する前に
↓↓↓

閉経とは??



人の身体は先天の氣と後天の氣があります

 先天の氣 ...胎児の時、お母さんから(先祖の遺伝子)もらう氣
生まれた瞬間からドンドン減っていく気

 後天の氣 ...呼吸したり、ご飯食べたり。オッパイ飲んだり。の水穀から取り入れる氣のこと。


の先天の氣(ほぼ、腎の氣)は49歳(だいたいこれぐらいの時)以降に、

任脈は空虚となり

衝脈は衰微していく

{39E750CD-1096-4A70-8942-D00E541671E8}


 

と、
先天の元陰(おかあさんからもらった陰の元)の気が枯れて...生理が止まる・・・閉経

{041AB46F-CBE4-48D7-A7D5-1D047A68905F}

最初に言いましたが、
これは性機能が衰えてくる(子供をもうけることが出来なくなる)だけで。


そもそも、産み育てる身体から解放されるので、

純粋に性欲を愉しめばいい


性欲が盛り上がってきて。
でも、性機能は低下する。


↓困る?

↓いいえ♡

挿入だけがセックスではありません!


女性が閉経を迎えて、パートナーも同世代の場合。
男性の下半身は

{CDCA39F7-D567-4699-BF48-87A05AC6ACB2}

こうなる。

女性も、女性ホルモンの減少で。濡れにくくなる


こりゃ、困った。


先天の氣はどんどん減ってくる(むしろ女性はZEROに)

こりゃ困った。






肌と肌を合わせるだけでいい
そもそも
入れてもいいし
入れなくてもいい



世の中、ローションという素晴らしいアイテムもある


オーガニック 潤滑ゼリー

女性は男性からの腎氣をもらって、閉経後

より美しく

男性は女性から腎氣をもらって、
より健康的に


パートナーと一緒に齢を重ねる事が楽しみになりますように♡

生理の時こそ下着は履かない

月経期だからこそ、生理の時こそ下着は履かない

下肢が冷えるから下着は履きたくないし。
むくみも出るから鼠径部を圧迫したくない。
膣PHも不安定だからこそ、下着で荒らしたくない。




故に

月経期こそ下着を履かない。



あ。それって、タン〇ンで栓をしてる訳ではなく。


身体と、日常のタイムスケジュールを整えると出来る事。



まずは、
漏れて安心の身体から、漏れる身体に変える
優秀な日本製のケミカルナプキンは、
【ダダ洩れしても下着を汚さない超吸収】

そう。

センサーが壊れて開きっぱなしの自動ドアのように。
空調の温度も、
人の流れも、
センサーが働いていないからダラダラ流れて、
部屋に残っててもいい人たちまで外に出てしまう。

先ずは、膣のセンサーを取り戻す。
それは、膣に血流を呼び戻すことから。
 
【漏れて安心】な身体から【漏れちゃう】身体に変えるところから始めます

中山きんに君が言ったっけな。
「おい!俺の二頭筋‼‼」
自分の身体に意識を向けると血流が生まれて、そこに在る気や筋肉が目を覚ます。


【漏れちゃう身体】は、思春期から大人に変わる時の反発?みたいなもの?
流血もするし、
何よりも布ナプキンに変えると。。。困らせる(漏れたりするから)

長く、ケミカルナプキンで守られてきた身体

すぐには大人にならないよ



一長一短では身体は作られない。

稲を作る田畑のように。大切に身体を育ててね♡




タイムスケジュールを組む
大切に育った身体は、必ず答えてくれる

・副交感神経優位の時は経血は出ない。

夜用ナプキンはお尻まですっぽり!って。
なんか、おかしいの分かりますか?

夜尿症(おねしょ)します?

大半の人はしてないと思いますが。
それと一緒。
夜におねしょはしない。

齢を重ねて、交感神経と副交感神経の切り替えスイッチが上手くいかないと、夜間にトイレが近くなって起きるとか。
何度も目を覚ます。とか。聞くかもしれない。

ってことは、

これを読んでるあなたは何十代?
まだまだ、自律神経の切り替えスイッチは良好に働いてるはず!



月経が3日で終わるようになると、自然に月経周期が整ってきます。
(一般的には28~35日が正周期と言われています)

って、なると。
月経の始まる日が、大体予測出来てくるはずです。
(ルナ○○とか月経周期を知るアプリを参考にしてください)


となると、
生理予測日は外出しない。(又は、仕事量を抑えることが出来る)


生理周期で自分のビジネスプラン(タイムスケジュール)を組みます。

↓↓↓

だって、経血ってトイレで出すものですもの♡
トイレにすぐ行ける環境を整えておきたいじゃない♡

風俗の方だけが
月経周期でお仕事されるのではなく

女に生まれたからこそ、自分の身体の声に耳を傾け。

本来の閉じる膣を取り戻そう♡


そこから始まる。

ナプキンも
布ナプキンもいらない。

下着フリーな月経期

夜の経血は減り始め、トイレで経血を出す。そんな身体を一つずつ一つずつ作り始めると。自分の身体の声が聞こえてくる。
「今日は寒いね、だからあんまり血を出したくないよ」
「最近脂っこいもの食べ過ぎたんじゃない?胃が疲れて瘀血気味だよ、デトックスしたい!」

身体はいつも声を発してる


下着なしまでいかずとも
月経期(デトックス期)を3日で終わらせることが出来たら
後の自由な毎日をどうやって過ごしましょうか♡


タダじゃん♬ラッキー♬

堅苦しいことばっか書いてるから
もう。
胃もたれしてきた。


東洋の文献引っ張り出したりしてうんちく垂れてる訳ですが。


もう!

ただただ!!


セックスをレスしてるのがもったいない!!!!!

って、言いたいだけ!!!


うんちく含めて
セックスって
いいトコロいっぱいあるのよ!って。



他人の真似じゃない
自分のセックスを手に入れる事は超高級サプリメントを手に入れたのも同然
しかもタダじゃん♬
ラッキー♡♡


セックスを大切にしていると
目に見えない世界が輪郭を表わしてくる。



ほれ、携帯電話が発売されたのもついここ30年程前のこと。

今じゃ当たり前。
電波。。。見える?


目に見える物が全ての時代はもう過ぎ去り。新しいときがやってきている。



玉房秘訣(セックスで健康になる秘技の書かれた書物)の書かれた時代が陰多め(目に見えないもの)の時代なら
西洋医療の発達した2000年間は陽多め(目に見えるもの)の時代。


さてさて。
ここからは陰陽の時代

都合よく
過去の良いものを混ぜ合わせバランスのをとり、この時代の波を泳ぐとき。


超高級無料サプリメントを取りにいきますか?それとも
でも
だって
しょうがない
と最後の砦にしときますか?

くそくらえ!イライラした時は○○を

セックスはうんこしたい!と一緒の排泄欲の塊です

男性なら精子や陽気
女性ならオー☆ズムによる放電や陰気

出してスッキリ♡
排泄したいという欲


便が溜まったり
言いたい事言えなかったり
息を殺すように生きてたり
他人の不倫をとやかく言ったり


欲を我慢しているから
いつもイライラしてるね


排泄しないで両手いっぱい我慢を抱えているから
新しいものも入ってこない。引き寄せは隙間があるからこそ出会います。


欲深いは罪ではない。
あの時○○してたら…なんて後悔するのは人目を気にした結果かもしれない。


水のようにゆらゆらうごめく女性だから、一人ひとりとしてセックスでは同じ反応は起こりません。
例えば昨晩沢山お酒を飲んだ翌日は昨日の私と全く違う生き物になっています。

それは男性が喜ぶ演技やAVで見る女性の姿ではなくて。
その時その時の感覚に集中したときの

肌が触れた時の肌の感覚
膣に意識をおいた時に動く体動
溢れる身体からの(精)液


セックスで心も身体も丸裸
女性はパートナーに本当の姿を見せた時、セックスでオーガズムの放電を行ったり、女陰の門を開いて陰気を放出し、開いた隙間から男性からの陽気のギフトがあるんですね。

陽気は入らないけど、溢れた陰気と放電ならマスターベーションも有効です。パートナーなくても排泄はできます。
イライラしている場合じゃない。溜まり溜まったものを出してスッキリと。セックスで健康になる

いつまでも光り輝くためにセックスをする

「男のオー☆ズムは猿と同じようなもので、太古からほとんど進化していない。ピストンを繰り返して射精すれば、じゅうぶん満足する。
女性のオーガ☆ムはいまもなお進化の最中にある。
しかも個人差が激しく男のように一様ではない

中国の房中養生の書が男の”吸”を重視し説いているのも、男は本来女に敵わないからだ」
道教の房中術 より




世界のはじまりは混沌(カオス)。その中に光と影が生まれ【陰陽】となりました。
人が誕生し男性(陽)と女性(陰)の両極が在るのが今の世界です。



長い間女性の肉体や人権が虐げられてきた時代があります。


特に中国は有史(文字を残す文化ががじまった時期)以来【超絶男尊女卑】の時代。

まだ、
見えるもの
見えざらぬもの
の境界線があいまいな時代。



実は
男性は女性の【生み出す力】を知っていました。

心のどこかでは【女性の氣の力】には勝てない。と思っていたのです。



ある皇帝は女性の仙人に聞きます
「わたしは最近、気力が衰えてどうも調子が悪く、全然楽しくない。いつも身体の事が心配でならない。こんな場合はどうしたらいいのか?」

女仙は答えます
「たいていの人が身体を損なう原因は、みな正しいセックスをしていないからです。
と、申しますのは
そもそも女性の方が男性より精力旺盛なんです。水(女性)が火(男性)を消すように身体を損ねてしまします。よくよく注意なさいますよう」
医心方 至理 第一



と女性のエネルギーは無限大

お腹の中でとつきとおか。
細胞を増やし、新しい魂をも注ぎ子供を生み出す事のできる女性の身体。

エネルギーは満ち溢れていますね。

そんな女性の力をセックスでいただき健康長寿になる為の房中術
使っていたのは健康に長生きをして権力を保持したい男性の皇帝様




女性が力や権力で男性に勝つのは難しい。

共に生きていくには。戦うのではなく、エネルギーを分け与える。
女性の性エネルギーは生み出せるほどに無限大なのですから。

そのかわり、陽氣をもらった女性はイキイキとした艶肌、色香香る美しい女性に。

身体の中から美しさを放っている女性は
ストレスフリーや健美食だけでなく。セックスから生まれた陽氣で身体が満ちているから。


男性はその力を押さえつけるのではなく
肉体的に弱い女性を守る力に使ってくれるととても嬉しいです。
男性は弱い女性を守るために力を使ってほしい

貴女の冷え性はセックスから来ているのかもしれない

セッ☆スは前戯から始まっている


前戯を適当に終わらせることを「暴進暴退」(手荒いという意味)と言いますが。

男性の性質を持つ男性は熱しやすく冷めやすい
それは陽(陽)の中に陰(陰)を持つので、着火は早いがその後身体の中から急速に冷える。
そして、男性は性的興奮からオーガ☆ムを迎えるまで4つの門(※四至)しかない。

※四至:和気・肌気・骨気・神気

 セックスで健康になる


 

欣)の性質を持つ女性は温まりにくいが持続する
それは陰(陰)の中に陽(陽)を持つので、風呂水のようにじわじわと温まってその後身体の中の火が熱を持続させる。
そして、女性は性的興奮からオーガ☆ムを迎えるまで九つの門もある。(※九氣)

※九氣:肺氣・心氣・脾気・腎気・骨気・筋氣・血氣・肉氣

セックスで健康になる


と、男と女で身体と心の開くスピードや、

身体の多陰と多陽とで全く質が違う

男性任せのセッ☆スをして、女性の体が温まってない状態で終わるセッ☆スは

陰陽のバランスが崩れ
・男性はインポテンツ・早漏に
・女性は冷え症になる


そもそも
女性が燃え上がる前に事が済んでしまうセッ☆スに魅力を感じなくなってしまうのは当然のこと。

 

女性は性器を触れば興奮する生き物ではない。

前戯はセッ☆スの始まる前から始まっている。
呼吸
肌のふれあい
言葉
目の前のパートナーに全てを明け渡せる心
口づけ

と。。。

男女お互いの【和合】・・・心と心を合わせる
することが、体の冷えを治すのにとっても重要な事なのです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

戯道
一、女ノ顔ガホテッテクル。転ク鼻ヲ寄セテ息ヲユックリ吸イ接吻ヲスル。
二、乳ガ堅クナリ、鼻ニ汗ガニジム、オモムロニ抱ク。
三、舌ガ伸ビテ、ツルツルシテクル。焦ラズ、念ヲ入レテ続ケル。
四、陰液ガ出テヌレテクル。ユックリサワル。
五、唾ヲ呑ミ込ムヨウニナル。ダンダン指ノ動キヲ強メル。

以上ヲ五欲ノキザシトイウ。
キザシガ全部現ワレタトコロデ乗リカカリ、転ク突イテ、氣ガ充実スルノヲ待ツ。氣ガ満チタラ奥マデ入レ、グイト抜ク。ハヤル気持チヲ抑エ、マタ突キカケル。氣ヲ漏ラシテハナラナイ。女ガ高マッテクルノヲ待ツ。
十道・十節・十修ノ技ヲ使イ、女ノ八動ヲ見極メ、五音ト十巳ノ変化ヲ確カメル。コノ方法ニ基ヅイテ、イカズニ出シ入レヲ続ケルト、氣ハ玉門ニ伝ワル。
 

馬王堆漢墓より出土 『合陰陽』

セックスの時に本物の男性が求める女性の姿

クビれたウエスト
ここ一番の顎の角度
AVで見る艶めかしい声


某雑誌で見るセッ☆ス特集ですが
本物の男性がセッ☆スで求めている女性の姿はそうではありません

セックスで健康になる

①両手で男性を抱く仕草(♀膣に当てて欲しい)
②女性が両ももを伸ばす(♀会陰をすり合わせて欲しい)
③お腹を膨らます(♀浅くしてほしい)
④お尻を動かす(♀とても気持ちがいい)
⑤両足を挙げて抱きしめる(♀もっと深く刺してほしい)
⑥両足を交差させる(♀膣液があふれ出ている)
⑦左右一方を揺らす(♀深く刺し左右に振れて欲しい)
⑧身体を挙げる(♀性の愉悦)
⑨身体の力が抜けてのびのびと手足を投げ出す(♀快感に浸りきる)
⑩膣液がぬるぬるしている(♀精が溢れている)


これは演技ではなく、自然に体が動いてしまう10つの女性の動き
「セッ☆スの時どう見られているか」
ではなく
「どれだけセッ☆スに集中しているか」

本物の男性は興奮したり、オーガ☆ムを迎える女性を本能で求めます。

女性が演技や他のこと(例えば隣りの部屋で寝ている子供のこと)を想い、気もそぞろ。そんな時は女陰の門は閉じてしまいます。門が閉じれば女性からの溢れる陰氣は関を止め、男性からの強き陽氣は女性に注がれません。

それではセッ☆スはただの運動活動になってしまう。

セックスで健康になる

開いてください。貴女の門を。
そして、お互いがお互いを健やかに



 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
素女曰ク
十動ノ効
一ニ曰ウ、両手ニ人ヲ抱クハ、体ヲ相薄ケ、陰ヲ相当テント欲スレバ也
二二曰ウ、其ノ両腿ヲ伸バスハ、其ノ上方ヲ切磨セント欲スレバ也
三二曰ウ、腹ヲ張ルハ、其ノ浅キヲ欲スレバ也
四二曰ウ、尻ノ動クハ、快善ナレバ也
五二曰ウ、両足ヲ挙ゲ、人ヲ拘スルハ、其ノ深キヲ欲スレバ也
六二曰ウ、其ノ、両股ヲ交エルハ、内痒ク、淫々タレバ也
七二曰ウ、側ヲ揺スルハ、深クシテ、左右ニ切ナルヲ欲スレバ也
八二曰ウ、身ヲ挙ゲテ人ニ迫ルハ、淫樂ノ甚シケレバ也
九二曰ウ、身ヲ縦ニ布ブルハ、肢体快ナレバ也
十二曰ウ、陰液滑ナルハ、精巳ニ洩レタル也
効ヲ見、以テ女ノ快ヲ知ル也、ト
素女経より

セックスの時に本物の男性が求める女性の姿

クビれたウエスト
ここ一番の顎の角度
AVで見る艶めかしい声


某雑誌で見るセッ☆ス特集ですが
本物の男性がセッ☆スで求めている女性の姿はそうではありません

セックスで健康になる

①両手で男性を抱く仕草(♀膣に当てて欲しい)
②女性が両ももを伸ばす(♀会陰をすり合わせて欲しい)
③お腹を膨らます(♀浅くしてほしい)
④お尻を動かす(♀とても気持ちがいい)
⑤両足を挙げて抱きしめる(♀もっと深く刺してほしい)
⑥両足を交差させる(♀膣液があふれ出ている)
⑦左右一方を揺らす(♀深く刺し左右に振れて欲しい)
⑧身体を挙げる(♀性の愉悦)
⑨身体の力が抜けてのびのびと手足を投げ出す(♀快感に浸りきる)
⑩膣液がぬるぬるしている(♀精が溢れている)


これは演技ではなく、自然に体が動いてしまう10つの女性の動き
「セッ☆スの時どう見られているか」
ではなく
「どれだけセッ☆スに集中しているか」

本物の男性は興奮したり、オーガ☆ムを迎える女性を本能で求めます。

女性が演技や他のこと(例えば隣りの部屋で寝ている子供のこと)を想い、気もそぞろ。そんな時は女陰の門は閉じてしまいます。門が閉じれば女性からの溢れる陰氣は関を止め、男性からの強き陽氣は女性に注がれません。

それではセッ☆スはただの運動活動になってしまう。

セックスで健康になる

開いてください。貴女の門を。
そして、お互いがお互いを健やかに



 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
素女曰ク
十動ノ効
一ニ曰ウ、両手ニ人ヲ抱クハ、体ヲ相薄ケ、陰ヲ相当テント欲スレバ也
二二曰ウ、其ノ両腿ヲ伸バスハ、其ノ上方ヲ切磨セント欲スレバ也
三二曰ウ、腹ヲ張ルハ、其ノ浅キヲ欲スレバ也
四二曰ウ、尻ノ動クハ、快善ナレバ也
五二曰ウ、両足ヲ挙ゲ、人ヲ拘スルハ、其ノ深キヲ欲スレバ也
六二曰ウ、其ノ、両股ヲ交エルハ、内痒ク、淫々タレバ也
七二曰ウ、側ヲ揺スルハ、深クシテ、左右ニ切ナルヲ欲スレバ也
八二曰ウ、身ヲ挙ゲテ人ニ迫ルハ、淫樂ノ甚シケレバ也
九二曰ウ、身ヲ縦ニ布ブルハ、肢体快ナレバ也
十二曰ウ、陰液滑ナルハ、精巳ニ洩レタル也
効ヲ見、以テ女ノ快ヲ知ル也、ト
素女経より

本当にセックスが必要なのは35歳を過ぎた頃から

セッ☆スで健康になる方法は一千年以上も前から存在し、ある、一部の人間にのみ伝えられていました。

なんで、私たちは知らないの?
卑猥だからとか、
間違って伝えられると身体を害することからとか、
あまりにも個々がエネルギーに満ちてしまうから
統率できなくなるじゃない。
など、理由は沢山あると思います。

でも、存在するし。再現性のある健康法。



人で人を治す

とは

女性(陰)と男性(陽)が交わる事で健康になる
男性(陽)と女性(陰)がセッ☆スで健康になる

先祖からもらった先天の気はお母さんの体内にいる間、腎(腎気)に収まり身体が子供から大人へ成長していくエネルギーとして消失していき。男性なら40歳、女性なら35歳ごろから衰え始めます

食事や呼吸法(後天の氣)で腎氣を補う方法もある中。

人と人の氣(秘伝の気)で腎氣を補うことが出来るのがセッ☆スです

・女性は包み込むような大きな陰氣を持ちつつ、身体の芯には熱く燃え上がる陽氣を持っています

・男性は強きリーダーシップを発揮する陽氣を持ちつつ身体の芯には見守る愛の陰氣を持っています



腎氣の減ってきた40代。
陰と陽のバランスも崩れてくる



人の持つ力を最大限に発揮できるのはバランスが取れている時。

陰陽の太陰対極図のようにね。


女性は陰気が大きくなりすぎると外の情報に興味がなくなる。

母の力が強すぎて子供だけに一生懸命で、パートナーに興味がなくなっていやしないか?



男性は陽気が大きくなりすぎて守る愛しき人に興味がなくなる。

仕事(外部)にエネルギーを向けすぎて、家庭に居るパートナーに興味が無くなってやしないか?


そんな時こそ
私の有り余る陰氣を貴方に
貴方から私に溢れる陽氣を

注ぐセッ☆スを

お互いが陰陽のエネルギーを交換する
それは、

食べ物でも漢方でもエネルギーワークでもできない



人と人だから出来ること



お互い

奪われない

失わない
飲み込まない

健康法



そうすれば
男も女もエネルギッシュに


もうセッ☆スレスになってる場合じゃないよね


向かい合うパートナーの健康を願うのなら
私がもっと美しく輝いていくのなら




 

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

人で人を治せば、身体の氣が回復する。
齢を重ねるごとに母からもらった「先天の氣」は減り続ける

境目の一つとして氣の減りが下降するのが40歳。セッ☆スでの氣の巡りが必要だ。
セッ☆スする時は女性を心ゆくまで愉しませる。
お互いの氣を補い(補益)病邪を追い出す。
それが房中術の極意です。



東洋医療の古典
「備急千金要方」 孫思邈 編さん より


女性はひと月に4度変わる 【感情】【身体】【肌質】

取り扱いのお品

体調に合わせたお品

陰陽のナプキンカバーのお話
リボン足袋の秘密
湯んどしとは?

店長日記

黒ゆき堂

こんにちは。【黒ゆき堂】主の黒ゆきです。
気になるお品はございましたか?

始まりは10年前。子どもの布おむつを干すのが大好きでした。
規則正しく並んだたこ足ハンガーいっぱいに白い布。
今思えば、ここから布生活が始まったように思います。

新しい布おむつを当てる我が子が、とっても気持ちよさそうな顔をしていたのを思い出します。

それから、二人目。三人目。と子供にも恵まれ。
忙しい中でも、気になる【布生活】

妊婦と産後を繰り返していたので、当時は月経期自体は少ないです。
三人目が乳離れしたタイミングで【布ナプキン】生活を始めることにしました。

最初は、ね。
全く上手くいきません。

吸収力はケミカルナプキンに比べて弱く、
”子宮内膜症”
の持病も相まって、経血量が多く、着る物を汚してしまうこともあり。

何度も挫折しそうになりました。



でも、2,3か月続けていくと。。。


夜の出血がピタッと止まりました!!

私以前まで世界地図を作ってしまうほど夜の量が多く。
ナイト用は必須。あわよくばおむつタイプに手を出そうとしてたところでした。

”副交感神経優位の状態では経血は出ない”

身体が少しずつ変化を始めました。

そして、【経血コントロール】の文言も気になりだし。

・夜は出ない。
・若いからと言って経血量が多いのは間違い
・着物生活をしてた時代、月経期は綿花一つで事足りてた
・トイレで尿を出す感覚と同様に経血を排出する


この、【経血コントロール】がすこしずつできてきた時。
”ブルーディ”だと思っていた、月経期が
”ゲームをするように経血をコントロールするおもろい日常”
に変わっていきました。

着物生活を始めたのもこのあたりです。
毎日着物を着続けたらどんな身体になるんだろう。。。

結果は、デメリットよりもメリットの方が断然多いことが分かりました。

根っからのメンドクサガリ。
そんな、黒ゆきが
洗濯にめんどくさそうな【布ナプキン】や
着るのに時間がかかりそうな【毎日着物生活】を続けれるのは
全て、ゲーム感覚で愉しむ事ができるようになったからだと思います。。

でも、この【メンドクサガリ】とっても大切で。
”布ナプキンは良いことがある”を分かっていても、
毎日の家事育児。洗濯時間を少しでも短くしたい。

そんな時に生まれたのが
【陰陽のナプキンカバー®】でした。

たっぷり経血はケミカルナプキンへ
肌の接地面は布ナプキンで。

ナプキンカバーが吸収している経血量は布ナプキンより少量なので、
洗濯時間も短くなり。
通気性の良いダブルガーゼの布地は、
冬場の乾きにくいお天気でも、どんな洗濯ものよりいち早く乾いてくれる優れものになりました。

それまで布ナプキンを使っていた私は、簡易さと。心地よさで
”ナプキンカバー”しか使わなくなりました。



あ。メンドクサガリも才能だな。。。と^^

なかなか【布ナプキン生活】を始めれない方や
外出先でも布ナプキンを使いたい淑女様にお喜びの声も沢山頂戴しております。

貴女の幸福な毎日にお役立ていただけたら幸いです♡

店長日記はこちら >>

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ