布ナプとケルナプのいいとこどり

布ナプキンの洗い方

布ナプキンの洗い方


今回は経血の代わりにうがい薬(ポビドンヨード)を使って再現します。

布ナプキンの洗い方


【陰陽のナプキンカバー®】はほとんどの経血を使い捨てナプキンが吸水
↓↓↓
★肌触りは布ナプキンのまま★



陰陽のナプキンカバーの洗い方

布ナプキンの洗い方

①フリーザーバックの中に

水 と
アルカリ性洗剤


を入れます。
※血液はタンパク質汚れなので通常の洗剤(中性洗剤)では落ちにくい。タンパク質はたくさんのアミノ酸が結合してできているので、アルカリはその結合を切って分解したり、結合を緩めて構造を変化させたりすることができます。

②布ナプキンを入れて揉みます

③そのまま二時間放置

※夏場や湿度の高い時期は放置中に雑菌が増えますので、殺菌効果のあるユーカリオイルやペパーミントオイルを入れるとニオイも抑えられます。

④三回ほどすすいで、ネットに入れ洗濯機で通常のお洗濯

⑤薄く・生地もダブルガーゼでスッキリ乾く
※冬や梅雨の乾きにくい時期も厚さ2mmのナプキンカバーはよくある布ナプキンよりずっと乾きが早いです

布ナプキンの洗い方

 

布ナプキンのメリット&デメリット

布ナプキンのメリット
エコ


カブレにくい
(天然の綿を使用している場合が多く、肌荒れの防止に)
※月経期の膣pHは不安定

身体の冷え防止になる
(高分子吸収ポリマーを使用していない為)

経血コントロールできるようになる
(漏れるを体感することにより、洩らさないよう膣周り周辺の筋肉が発達する。そうすれば経血を尿のようにトイレレで排出できるようになる為、ナプキンに付着する経血量をコントロール出来る。
また、今まで使わなかった膣の‘閉じる‘機能が目覚め、就寝時(副交感神経優位時)は経血を洩らさない身体に近づく)
 
自分の経血を洗い流す事で体調管理が出来る
(色、粘度、温度など、洗濯時に知ることが出来る)


布ナプキンのデメリット
漏れやすい
(吸収体が布な為、急な経血漏れに対応できない)

洗濯が面倒
(使い捨てでない為)

外出先の使用が困難
(経血は空気に触れると途端に落ちにくくなるため、ジップロックのようなものに入れて持ち歩かなくてはならない)

初期費用がかかる
(普通の日用5枚、多い日用5枚、夜用1枚xこれを洗濯用に二日分を用意しておいた方が良い)

かさばる
(多い日、夜用あ特に中の吸収布の厚みが増す場合が多い)



ケミカルナプキンのメリット
コストパフォーマンスが高い

(国産の紙ナプキンは安価なのに品質が良い

薄い
使い捨てで扱いやすい
急な経血も、ある程度対応できる
(吸収体が優れている、ギャザーやウイングが横漏れの防止)

持ち運びが便利
(個別包装されているため)



ケミカルナプキンのデメリット
【漏れて安心】な身体になる
(吸収力が優れすぎて、本来女性の持つ経血コントロールの力を削いでしまう)

身体が冷える
(高分子吸収ポリマー膣表面の熱を奪う)

かゆみ、匂い、かぶれ
(長時間装着可能な為雑菌が湧きやすい、化学繊維使用しているため)

エコロジーではない
(使い捨て)



【ケミカルナプキン装着型布ナプキン】








ケミナプ装着型布ナプキンのメリット
薄い(2mm)
(布ナプキンの洗濯時間を減らし、ダブルガーゼの通気性を生かして乾燥が早い)

洗濯が楽
ほとんどの経血を紙ナプキンが吸収する為、接地面の布地を洗うだけで良い)

温かい
(肌に当たる綿が布な為、冷え防止になる)

ポイント一枚で昼用・夜用・と変化する 
(紙ナプキン昼用を装着すれば昼用布ナプキンに
紙ナプキン夜用を装着すれば、膣部分は布地に。お尻の伝い漏れ対策には紙ナプキンでカバーする)


ケミナプ装着型布ナプキンのデメリット
洗濯する必要がある
(布地な為)

エコロジーではない
(紙ナプキンを併用する為)

初期費用が掛かる
(布ナプキンよりは種類&安価だが、最初洗濯用に二日分用意する必要がある)


☆☆☆
女性が本来持つ力を取り戻して欲しい


私たちが月経がはじまった10代のころ
選択肢は紙ナプキンだけだった。
クラブ活動を始めるとタンポンを教えてもらって。

男性の愛で作られたケミカルナプキンは、その力が凄すぎて

女性の身体は
「漏れて安心」の身体になってしまいました。

江戸時代。
女性は綿花を詰めただけの月経期を過ごしていました。
尿を排出するように。
厠で経血を腹圧をかけて排出していました。
「自然に閉じる膣」
筋力トレーニングをするわけではなく。
膣は夜は閉じ、
日中はある程度経血を溜めれる身体


布ナプキンを使うことによって、
漏れて安心の身体
から
膣本来の動きを取り戻す


でも、
仕事の加減や
漏れが心配
洗濯の手間
外出先でも使いたい

 

いいと思っていてもなかなか布ナプキン生活を始められない女性の方もたくさんいらっしゃいます。


そんな、布とケミカルのいいところをとって


もっと、布ナプキンを身近に。


月経期はかゆいもの
若いから経血量が多いもの
月経期は冷えるもの

 。。。それ、ホント??


~ケミカルナプキンしか使ったことのない貴女へ~
・メンドクサイを少しでも減らしたい。
それが、
・海外の粗悪なケミカルナプキンを使っている方々にも。
ナプキンが粗悪でも、カバー一枚あればいい。

世界中のブルーディをハッピーに変えたい。
 

経血コントロールのできる 陰陽のナプキンカバー

☑布ナプキンを始めるのにまだ不安がある
☑生理期にかゆみがある
☑つけ置き洗いが面倒
☑冷え性
☑布ナプキンの漏れが不安
☑外出時にも布を使いたい
☑生理痛がある
☑生理期もかわいいものに囲まれていたい
☑睡眠時の漏れが心配


この項目に当てはまる方はいらっしゃいますでしょうか?

 布ナプキンの効果は多岐にわたります 
布ナプキンの効果

 そして、もちろんデメリットもあります 
布ナプ・ケミナプ・陰陽ナプのメリットとデメリット


知って、そして貴女が選ぶ
大事です

そんな中

陰陽のナプキンカバー®は
布ナプとケミナプメリットのいいとこどり♡



もそも、ケミカルナプキンは
「女性が毎日血を出して大変そうだ!!」

と、愛ある男性が作ってくれた宝物。


ケミカルナプキンが悪者ではなく
膣と内転筋の閉じる力が弱まった女性の身体
を変化させたいですね



【陰陽のナプキンカバー®】は紙ナプキンの上に装着します








膣は天然コットンで温められ
経血のほとんどはケミカルナプキンが吸水します

  うがい薬使用

つまり

♬洗濯は楽ちん。
♬薄いので乾きも早い!!
 




今、紙ナプキンをお使いの方は
ケミカルナプキン・タンポン・月経カップ

陰陽のナプキンカバー®


布ナプキン

経血をすべてトイレで出すナプキンレス

少しずつ移行できれば
着物を着ていた時代の女性の身体に近づくことができます
布ナプキンを始めて最初に変化が現れるのは
夜の経血が出なくなります(個人差有)

布ナプキンを使い始めると自分の身体が愛おしくなる

当たり前だと思うと見落としがちになるのが身体です。
通常月経期は身体のデトックス。

(東洋医学では流れが悪く滞りがちな血液を「瘀血(おけつ)」と呼んでいます。( 瘀とは停滞という意味で、文字通り血が滞ったり、血の流れが悪く、よどんだ状態を指す)

古くなったものを排泄して新しい血を作る、女性だけが持つ排毒作用です。


生理前二週間、どんな過ごし方をしたかどうかで経血の色・粘度・臭いの変わります。自分の身体を知る上で、大切なデトックスタイム。


身体が愛おしく、優しくなります


布ナプキンは長い目で見ればお得

初期投資には通常まとまったお金がかかりますよね。
黒ゆき堂の布ナプキンは一枚850~2000円。
ケミカルナプキンは一枚約25円と、値段にも大きな差があります。


一度の生理期に25x5x7=875
二年使うと 875x12ヵ月x2=21000
黒ゆき堂の【32枚一週間充実セット】18000

繰り返し使えるので二年弱で元が返ってきます。長い目で、より身体によいものを選びたいですね


布ナプキンは買い置きいらず

使い捨ての場合、使えば補充しなくてはいけません。

私もありましたが、うっかり買い忘れてしまうことも。
布ナプキンは洋服や下着のように、常にお家に留まるもの。大切な身ごろもの一部です。

三人の子供を育てた時のメインのおむつは布おむつでした。洗濯も慣れてしまえば気持ちよく、薬局へ買い足しに行く回数が減ったことを思い出します。


布ナプキンは独特の嫌な臭いがしない

生理中は匂うもの...それホント?


通常擦り傷をしたときのように鉄っぽい臭いはしますが、生理中の”嫌な臭い”の原因は「ムレ」によるもの。
経血を吸ったジェルはいつまでも留まり、においの原因となります。

また、ポリアセタールは化学素材な為経血(タンパク質)が触れると独特のにおいを発することがあります。
まずは一度、お身体でお試しください。
ブルーディが変わります。

布ナプキンはエコロジー

使い捨てナプキンはその名の通り、使った後ゴミになります。
10歳から50歳まで一日5枚使用した場合、人一人一生分は1,5t。(普通用のみ使用の場合)なかなかの量です。
Q・水道水を使うから逆にエコじゃないんじゃない?
と聞くこともあります。






オススメはフリーザーバックに布ナプキンと水、アルカリ性洗剤(経血はタンパク質な為)を入れて揉み洗いするので手も汚れず使う水も少なくて済みます。





布ナプキンはお肌に優しい理由は?

布ナプキンであってもケミカルナプキンであっても、長時間交換しない場合は肌荒れの原因となります。
それをふまえてでも布ナプキンの方が荒れにくい理由。



 通常膣のpHは弱酸性に保たれていますが、生理中のpH値は不安定。(その為膣カンジダが起きやすいのもpH値が原因とも言われています)とても荒れやすい環境の中、湿度も高い為ムレてかゆみやかぶれの原因となります。


ポリ素材の雨の日のスカートは足元にまとわりつきますよね。木綿素材は肌にくっつきはするけど不快な感覚はポリより少ないはずです。膣周辺も同様のことが起こっています。


布ナプキンを始めたら、生理痛緩和・生理周期が整う

個人差があるので、全員そうなるとは言えませんが。布ナプキンを使い始めると生理痛が和らいだり、月経周期が28日前後に整ってくるとのお声を良く聞きます。



【冷えの改善】
ケミカルナプキンは経血を吸収するとゼリー状になり、保冷剤と同様の効果があります。第一チャクラの場所である膣は、下から熱しないと温まらない女性の”水”の性質がある為生理時期を布ナプキンに変える事で改善されます。

【生理痛予防】


ケミカルナプキンの吸収力は素晴らしいですが、その力が強すぎて本来膣内に残っていても再吸収される子宮内膜の経血までスポイドのようにごっそり吸水してしまうことも。その際、内膜が傷ついて子宮内膜症の原因とされています。


【経血量の減少・貧血予防】
閉経に向かって経血量が減ってくると耳にする事があると思います。かと言って、若いから経血量が多い訳ではありません。生理痛予防と同様に、必要以上の経血を吸水しないのが布ナプキンです。


【夜の経血が出ない】
本来就寝時には経血が出ません。布ナプキンを使い始めると膣周辺の冷えが改善され温まり、本来の”副交感神経優位時には膣が閉じる”力が戻ってきます。大人になっておねしょをする事は無くなってきますよね。経血も一緒です。膣周辺の不随意筋の働きで就寝時に膣が閉じるので、布ナプキン生活を始めて最初に効果が現れてくるのが”夜の経血”です。

【月経期が3日で終わる】
経血量が減ってくると、後半のダラダラと流れる経血も無くなってきます。

【生理周期が整う】
身体が温まってくると排卵も始まります。排卵を促す「卵胞形成ホルモン」が周期的に来ると、本来の正周期(28~35日を目安)に生理日数が整ってきます。










陰陽のナプキンカバーのお話
リボン足袋の秘密
湯んどしとは?

店長日記

黒ゆき堂

こんにちは。【黒ゆき堂】主の黒ゆきです。
気になるお品はございましたか?

始まりは10年前。子どもの布おむつを干すのが大好きでした。
規則正しく並んだたこ足ハンガーいっぱいに白い布。
今思えば、ここから布生活が始まったように思います。

新しい布おむつを当てる我が子が、とっても気持ちよさそうな顔をしていたのを思い出します。

それから、二人目。三人目。と子供にも恵まれ。
忙しい中でも、気になる【布生活】

妊婦と産後を繰り返していたので、当時は月経期自体は少ないです。
三人目が乳離れしたタイミングで【布ナプキン】生活を始めることにしました。

最初は、ね。
全く上手くいきません。

吸収力はケミカルナプキンに比べて弱く、
”子宮内膜症”
の持病も相まって、経血量が多く、着る物を汚してしまうこともあり。

何度も挫折しそうになりました。



でも、2,3か月続けていくと。。。


夜の出血がピタッと止まりました!!

私以前まで世界地図を作ってしまうほど夜の量が多く。
ナイト用は必須。あわよくばおむつタイプに手を出そうとしてたところでした。

”副交感神経優位の状態では経血は出ない”

身体が少しずつ変化を始めました。

そして、【経血コントロール】の文言も気になりだし。

・夜は出ない。
・若いからと言って経血量が多いのは間違い
・着物生活をしてた時代、月経期は綿花一つで事足りてた
・トイレで尿を出す感覚と同様に経血を排出する


この、【経血コントロール】がすこしずつできてきた時。
”ブルーディ”だと思っていた、月経期が
”ゲームをするように経血をコントロールするおもろい日常”
に変わっていきました。

着物生活を始めたのもこのあたりです。
毎日着物を着続けたらどんな身体になるんだろう。。。

結果は、デメリットよりもメリットの方が断然多いことが分かりました。

根っからのメンドクサガリ。
そんな、黒ゆきが
洗濯にめんどくさそうな【布ナプキン】や
着るのに時間がかかりそうな【毎日着物生活】を続けれるのは
全て、ゲーム感覚で愉しむ事ができるようになったからだと思います。。

でも、この【メンドクサガリ】とっても大切で。
”布ナプキンは良いことがある”を分かっていても、
毎日の家事育児。洗濯時間を少しでも短くしたい。

そんな時に生まれたのが
【陰陽のナプキンカバー®】でした。

たっぷり経血はケミカルナプキンへ
肌の接地面は布ナプキンで。

ナプキンカバーが吸収している経血量は布ナプキンより少量なので、
洗濯時間も短くなり。
通気性の良いダブルガーゼの布地は、
冬場の乾きにくいお天気でも、どんな洗濯ものよりいち早く乾いてくれる優れものになりました。

それまで布ナプキンを使っていた私は、簡易さと。心地よさで
”ナプキンカバー”しか使わなくなりました。



あ。メンドクサガリも才能だな。。。と^^

なかなか【布ナプキン生活】を始めれない方や
外出先でも布ナプキンを使いたい淑女様にお喜びの声も沢山頂戴しております。

貴女の幸福な毎日にお役立ていただけたら幸いです♡

店長日記はこちら >>

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ