店長日記

陰陽のナプキンカバーをお使いになられたお客様の声



埼玉県 Y様
早速生理が近くに来まして
使用してみました。

感想は
紙ナプキン直の痒みが防げて快適でした。アソコも温まる
冷え性民としては凄くありがたい。
洗濯も水を張ったバケツに重曹かけておけばすぐに経血が堕ちて々。
柄も可愛くて気分あがります。

代わって質問
今の所、日中はナプキンカバー、一回しか取り替えないのですが、やはり
経血がベトベトして気になる時あり。
常に膣を締める意識しておりますが、
なかなか経血コントロールは難しいですね。やはりコツなどはございますでしょうか?






経血量が少なくなってきても、できるなら一日5回は変えてほしいです。
それが、匂いや、かゆみ、膣の冷えを防ぐことになります。

布ナプキンに変えた時も、5回は変えます。

同様にナプキンカバーも日に5回ほど。

紙ナプキンから布に変えていくと一日のトイレの回数が増えてきます。
これが、経血コントロールまでの最初の一歩になります。
トイレに行って経血をおしっこの感覚と同じように排出します。

日常は膣が閉じていて、溜まったら出す!といった感じです。

それを繰り返していくと、ナプキンカバーも布ナプキンもいらない生活になる事を
経血コントロールの出来る身体】になります。

私は元々子宮内膜症もあって経血量も(特に夜が)すごく多かったのですが。
布ナプキン生活を続けて今の身体になりました。

一度の生理でコントロールできる身体になかなかなってくれませんでしたが。
地味に続けたら必ず【本来の身体】になることが出来ます。

ちなみに、膣を締めるというか閉じている感覚です。
先ずは夜の感覚から取り戻してみてください。
睡眠時、副交感神経が働いている間は本来経血(尿、便ともに)出ません。

日中の経血量をコントロールするのは夜をクリアできた頃でしょうか。







あせらず、経血コントロールできるまで
ナプキンカバーと毎月生理迎えたいと思います。
経血のついたカバーを洗うことは
最初抵抗ありましたが、自分を愛でることに繋がります





お仕事なさってる場合、外出先での交換は辛いかもしれませんね。
でも、底の紙ナプキンが立った瞬間の「ドロッと経血」を吸ってくれる事も多いので、外出先でナプキンカバーは特に役に立ちます
いい感じで慣れてください^ ^
生理時期の身体の使い方。経血の処理法。
慣れれば何てことなく次に進むことが出来ますので^ ^


美しい姿に心惹かれました
ご感想、ありがとうございます

黒ゆき 拝







黒ゆき堂
お品はこちら


洋装にも映えるリボン足袋

八月も中旬を過ぎて、浴衣の映える季節になってきました。

浴衣もそうですが

日常の洋服で、ついつい裸足になっちゃうこと。ありますよね。

一枚でも少なく布を減らしたい。。。

でも、

ちょっと電車に乗ったり。

ふらっと入ったお店や

避暑を求めて入るcafe

エアコン効きすぎて足が冷える!!

人の身体ってよくできてます

例えば、

熱の時、脇を冷やば体温が下がる

(脇の腋窩動脈から全身に冷たい血液をお届けします)

着物を着ると顔汗かきにくくなる
(「舞妓の高帯」=(脇)高い位置で帯や腰紐を結ぶとデコルテより上の汗腺を抑制する)

とか。

全身をどうにかするよりも、

要所要所に秘密のツボがあります。

☆足首を冷やさない☆

実は、靴下を何枚も重ね履きするより、冷えに対しての効果は絶大!

なぜかって?

足首には女性特有の大切なツボがあります
。。。三陰交

三陰交とは「女性疾患万病のツボ」と言われるほど。

助産院でお子さんをお産みになられた方なら一度はきいたことのあるツボです。(私はこの「逆子のツボ」にお灸をして次女の逆子を治しました)

つまり

三陰交を温めると体が温まる

こんな素敵な写真を送ってくれました♡


 

imageimage

ヒールにも♡

image

ペタンコ靴にも♡

image

thanks to JK

スニーカーだって♡


 

足袋って着物の時だけでなく、日常で履けたら素敵ですよね♡

”足袋の効果”から呼吸に至るまで 参考blog

黒ゆき堂の【リボン足袋】は足首を呼吸する布=シルクで包みます

足首をゴムでなくリボンで結ぶことにより、着圧の”むくみ””血流改善”を促します。

 【リボン足袋のお求めは】↓↓↓

スマホアプリ

 

女性はひと月に4度変わる 【感情】【身体】【肌質】

月の満ち欠けに合わせたお品

温活グッズ

満月・新月に合わせたお品

陰陽のナプキンカバーのお話
リボン足袋の秘密
湯んどしとは?

月経周期を知ろう!

店長日記

こんにちは。【黒ゆき堂】主の黒ゆきです。
気になるお品はございましたか?

始まりは10年前。子どもの布おむつを干すのが大好きでした。
規則正しく並んだたこ足ハンガーいっぱいに白い布。
今思えば、ここから布生活が始まったように思います。

新しい布おむつを当てる我が子が、とっても気持ちよさそうな顔をしていたのを思い出します。

それから、二人目。三人目。と子供にも恵まれ。
忙しい中でも、気になる【布生活】

妊婦と産後を繰り返していたので、当時は月経期自体は少ないです。
三人目が乳離れしたタイミングで【布ナプキン】生活を始めることにしました。

最初は、ね。
全く上手くいきません。

吸収力はケミカルナプキンに比べて弱く、
”子宮内膜症”
の持病も相まって、経血量が多く、着る物を汚してしまうこともあり。

何度も挫折しそうになりました。



でも、2,3か月続けていくと。。。


夜の出血がピタッと止まりました!!

私以前まで世界地図を作ってしまうほど夜の量が多く。
ナイト用は必須。あわよくばおむつタイプに手を出そうとしてたところでした。

”副交感神経優位の状態では経血は出ない”

身体が少しずつ変化を始めました。

そして、【経血コントロール】の文言も気になりだし。

・夜は出ない。
・若いからと言って経血量が多いのは間違い
・着物生活をしてた時代、月経期は綿花一つで事足りてた
・トイレで尿を出す感覚と同様に経血を排出する


この、【経血コントロール】がすこしずつできてきた時。
”ブルーディ”だと思っていた、月経期が
”ゲームをするように経血をコントロールするおもろい日常”
に変わっていきました。

着物生活を始めたのもこのあたりです。
毎日着物を着続けたらどんな身体になるんだろう。。。

結果は、デメリットよりもメリットの方が断然多いことが分かりました。

根っからのメンドクサガリ。
そんな、黒ゆきが
洗濯にめんどくさそうな【布ナプキン】や
着るのに時間がかかりそうな【毎日着物生活】を続けれるのは
全て、ゲーム感覚で愉しむ事ができるようになったからだと思います。。

でも、この【メンドクサガリ】とっても大切で。
”布ナプキンは良いことがある”を分かっていても、
毎日の家事育児。洗濯時間を少しでも短くしたい。

そんな時に生まれたのが
【陰陽のナプキンカバー®】でした。

たっぷり経血はケミカルナプキンへ
肌の接地面は布ナプキンで。

ナプキンカバーが吸収している経血量は布ナプキンより少量なので、
洗濯時間も短くなり。
通気性の良いダブルガーゼの布地は、
冬場の乾きにくいお天気でも、どんな洗濯ものよりいち早く乾いてくれる優れものになりました。

それまで布ナプキンを使っていた私は、簡易さと。心地よさで
”ナプキンカバー”しか使わなくなりました。



あ。メンドクサガリも才能だな。。。と^^

なかなか【布ナプキン生活】を始めれない方や
外出先でも布ナプキンを使いたい淑女様にお喜びの声も沢山頂戴しております。

貴女の幸福な毎日にお役立ていただけたら幸いです♡

店長日記はこちら >>

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ