足袋

リボン足袋の秘密

リボン足袋の秘密

セクシーな後ろ姿リボン足袋

和装で草履に合わせても

ハイヒールやパンプスに合わせても

 その魅力を存分に発揮してくれます。

 

でも、このリボン足袋。

セクシーなだけじゃなくて

秘密

があるんです。

icon_1
image 秘密その1 足袋の効果

浮指の予防...親指が自由になる事で、歩行時に指を使って歩くようになる

姿勢が良くなる…歩行時に足の指を使う事により、
体重が後ろ→前傾するようになり、上半身の体重が骨盤に乗る

外反母趾予防...足袋着用時に足指が広がり、足指で地面をつかむように歩行運動するため

ツボ刺激...足袋を履くと自然と足の指と指の間付け根で接する所にある「八風」と呼ばれるツボが刺激され、血行がよくなり、自律神経が整えられる。

icon_1

image 秘密その2 リボンの裏側

リボンの裏、肌接地面にはシルク100%の生地を。

シルクは熱を逃がし、保温に優れた素材です。

 

icon_1

image  秘密その3 三陰交を温める
 

三陰交は内くるぶしから指を4本添えた場所にあります。

saninkou

三陰交とは、「女性疾患万病のツボ」です。

そこを温める事により、女性の身体が悦ぶのです。

美しく、身体が悦ぶリボン足袋
 

スマホアプリ

 

女性はひと月に4度変わる 【感情】【身体】【肌質】

月の満ち欠けに合わせたお品

温活グッズ

満月・新月に合わせたお品

陰陽のナプキンカバーのお話
リボン足袋の秘密
湯んどしとは?

月経周期を知ろう!

店長日記

こんにちは。【黒ゆき堂】主の黒ゆきです。
気になるお品はございましたか?

始まりは10年前。子どもの布おむつを干すのが大好きでした。
規則正しく並んだたこ足ハンガーいっぱいに白い布。
今思えば、ここから布生活が始まったように思います。

新しい布おむつを当てる我が子が、とっても気持ちよさそうな顔をしていたのを思い出します。

それから、二人目。三人目。と子供にも恵まれ。
忙しい中でも、気になる【布生活】

妊婦と産後を繰り返していたので、当時は月経期自体は少ないです。
三人目が乳離れしたタイミングで【布ナプキン】生活を始めることにしました。

最初は、ね。
全く上手くいきません。

吸収力はケミカルナプキンに比べて弱く、
”子宮内膜症”
の持病も相まって、経血量が多く、着る物を汚してしまうこともあり。

何度も挫折しそうになりました。



でも、2,3か月続けていくと。。。


夜の出血がピタッと止まりました!!

私以前まで世界地図を作ってしまうほど夜の量が多く。
ナイト用は必須。あわよくばおむつタイプに手を出そうとしてたところでした。

”副交感神経優位の状態では経血は出ない”

身体が少しずつ変化を始めました。

そして、【経血コントロール】の文言も気になりだし。

・夜は出ない。
・若いからと言って経血量が多いのは間違い
・着物生活をしてた時代、月経期は綿花一つで事足りてた
・トイレで尿を出す感覚と同様に経血を排出する


この、【経血コントロール】がすこしずつできてきた時。
”ブルーディ”だと思っていた、月経期が
”ゲームをするように経血をコントロールするおもろい日常”
に変わっていきました。

着物生活を始めたのもこのあたりです。
毎日着物を着続けたらどんな身体になるんだろう。。。

結果は、デメリットよりもメリットの方が断然多いことが分かりました。

根っからのメンドクサガリ。
そんな、黒ゆきが
洗濯にめんどくさそうな【布ナプキン】や
着るのに時間がかかりそうな【毎日着物生活】を続けれるのは
全て、ゲーム感覚で愉しむ事ができるようになったからだと思います。。

でも、この【メンドクサガリ】とっても大切で。
”布ナプキンは良いことがある”を分かっていても、
毎日の家事育児。洗濯時間を少しでも短くしたい。

そんな時に生まれたのが
【陰陽のナプキンカバー®】でした。

たっぷり経血はケミカルナプキンへ
肌の接地面は布ナプキンで。

ナプキンカバーが吸収している経血量は布ナプキンより少量なので、
洗濯時間も短くなり。
通気性の良いダブルガーゼの布地は、
冬場の乾きにくいお天気でも、どんな洗濯ものよりいち早く乾いてくれる優れものになりました。

それまで布ナプキンを使っていた私は、簡易さと。心地よさで
”ナプキンカバー”しか使わなくなりました。



あ。メンドクサガリも才能だな。。。と^^

なかなか【布ナプキン生活】を始めれない方や
外出先でも布ナプキンを使いたい淑女様にお喜びの声も沢山頂戴しております。

貴女の幸福な毎日にお役立ていただけたら幸いです♡

店長日記はこちら >>

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ